相続請負人 渡る世間は瀬戸際ばかり

著者 前川量平/相続・財産コンシェルジュ協会監修

価格 1404円(税込)

amazonで購入する

楽天ブックスで購入する

2013年2月10日発売

<本の紹介>

家族再生の物語。
人の弱さ、商売の危機、身内のトラブル、そこにのしかかる相続問題!
瀬戸際からの脱出なるか!?
誰にでも起こり得る瀬戸際からの脱出法がこの1冊で!

自営業者、サラリーマン、会社経営者、
3家族をめぐる、財産や経営トラブルの数々を通し、
本当の家族愛とは何か、伝えていくべきものは何なのか?
家族の幸せについて考える。

~これを読んでも「うちは関係ない!」と言えますか?
家族について、財産について、
伝えることをきちんと考えること、
それが家族のきずなを深めます。

<著者プロフィール>

前川量平(まえかわ りょうへい)

1975年福岡県生まれ。関西学院大学経済学部卒。
勝司法書士法人にて登記業務を中心に相続専門
家としてのキャリアを開始後、各種国家資格者と
連携して問題解決にあたるコンサルタントを経て
相続財産コンシェルジュに参加。
成年後見・遺言執行分野での経験も多く、相続の開始前と
後、どちらでの相談にも応じている。

相続・財産コンシェルジュ協会

相続を相続の発生前から、相続後のことまで、

すべてを請け負えるものが欲しい、

どんな人でも、ここにお願いしたら相続に関係することならすべて解決する、

そういうものがなかなかなかったことから、

司法書士、税理士、不動産コンサルタント、その他関係者が集い、2012年に発足。

一般の人からも、専門家である税理士や司法書士からも、

相談を請け負って、様々な相続問題の解決を図っている。